ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
製品情報

唾液中のフッ素イオン濃度データ

泡だから口腔内のすみずみまでいきわたるので、唾液中の高いフッ素イオン濃度が持続します。

被験者

健常人11名(平均年齢23.6歳)

実験方法

  1. 2分間ブラッシング(Check-Up foam・ペースト状ハミガキ 各950ppmF 0.5g)
  2. 水15mlで5秒間洗口し、吐出
  3. 唾液をサンプリング(5、10、15、30分後)
  4. フッ素イオン濃度の測定

結果

■ブラッシング後の唾液中フッ素イオン濃度の変化

グラフ:ブラッシング後の唾液中フッ素イオン濃度の変化

フォームでブラッシングしてから、5分後の唾液中
フッ素イオン濃度は、ペーストの約2倍に達しています。

考察

この結果は、フッ素が口腔内のすみずみまですばやく分散し、滞留したためと考えられます。

出典
廣瀬弥奈他「Fluoride Retention in Saina following Tooth Brushing using Fluoridated Dentitrices in Three Different Forms」The 60th Congress of ORCA,Caries Research abstract #205,2013.

フッ素イオンの歯面への吸着性データ

泡だからフッ素イオンが歯面にすばやく吸着します。

実験内容

イメージ:実験内容

結果

■HAP表面における
フッ素イオン交換吸着速度(室温)

グラフ:AP表面におけるフッ素イオン交換吸着速度(室温)

■泡中のF-の吸着図

イメージ:泡中のFの吸着図

泡でのフッ素イオンの吸着量は、約3分後に0.10mg/gHAPで飽和に達したのに対し、
液では約30分間を要しました。つまり・・・
泡は液と比べて、約10倍の速さでフッ素イオンが歯面に吸着します。

考察

泡膜内に存在する負イオンのF-は、界面活性剤の負電荷に押されるようにして、
HAP表面まで近づけるようになるためと考えられます。

引用文献
・田嶋和夫他「泡状フッ素製剤における泡の物理化学的性質」口腔衛生学会雑誌50(5):740-750.2000
・田嶋和夫他「泡状フッ素製剤の口腔製品への応用」歯界展望97(5):1125-1135.2001

ライオン歯科材株式会社

ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 

DENT. ライオン歯科材株式会社

予防歯科の未来を提案する。

このページで提供しているライオン歯科材の情報は、日本国内の歯科医師、
歯科衛生士及び歯科技工士等の歯科医療関係者の方を対象にさせていただいております。
一般の皆様への情報提供を目的としたものではありません。

あなたは歯科医療関係者ですか?