ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです
DENT.File 歯科医療・介護情報ライブラリ

予防歯科の現場

予防歯科最前線 vol.2 高齢化、少子化の中で、地域歯科医療に真正面から取り組む 仁保歯科医院 副院長 仁保俊昭先生

三代にわたる地域歯科医療への貢献、これからも

須佐地域のDMF指数の推移

須佐地域のDMF指数に自信あり

―予防歯科活動についてどのように考え、またどんな取り組みをされていますか。

須佐地域では17年前からフッ化物洗口法を保育園、小学校、中学校で実施しています。学校でのお昼の歯磨きも徹底しています。当然のことですがDMF指数はかなり低く推移しています。洗口法を実施していない近隣の地区からも小児患者さんは来られますが、須佐地区に比べるとDMF指数は急激に高くなります。
フッ化物洗口法に対していろいろと議論されてきましたが、行政ももっと前向きに対応していかなければならない問題だと思います。
フッ化物の応用には地域連携や保健福祉と協力することが必要です。当医院では祖父の代から学校歯科医をやってきましたので、過去17年間のデータも大切に保管しています。このデータを基にさらなる地域連携に努力していこうと考えています。

スタッフが製作した歯と歯肉の健康啓発パネル

生活習慣の改善こそ口腔健康の第一歩

―歯周病の原因と対策についてどのようにお考えでしょうか。

 原因を歯科医学的に考えるよりも、あえて基本に戻って考えたほうが解決すると思います。歯周病はセルフケアも大切ですが、生活習慣と大いに関係があります。
親が歯や歯肉の状態に関心が薄く、歯を磨く習慣がない家庭では、子供の口腔内に歯肉炎をたくさん認めます。大人でも、セルフケアの出来ない患者さんにプロケアをしても結果は出ません。ですから生活習慣の改善や心のケアまでカウンセリングしていかないと、結果の出るプロケアは無理だと考えます。
歯周病の予防で大切なことは、定期検診やPTC、PMTCだけではなく、やはり患者さん本人による毎日の正しい歯磨き習慣が第一です。
健康な人、気が短い人、器用な人、不器用な人、手が不自由な人、目が不自由な人、耳が不自由な人、介護が必要な人、それぞれ口腔内の状態はまったく異なるものです。個人個人に適したオーダーメイドのブラッシング指導が必要だと思います。
高齢者で成果の上がっているシステマ歯ブラシgenkiの子供用を作ってほしいものです。私もスタッフと一緒にそのアイデアを出して研究中ですが、いつになることやら(笑)。

信頼いただける歯科医院でありたい

信頼いただける歯科医院でありたい

―予防歯科に果たす歯科医院の役割についてお話しください。

患者さんは、う蝕や歯周病で悩んで来院されます。何の説明もなしに「歯を磨け」では患者さんは納得できないばかりか、メンテナンスの重要性すら受け入れられません。
当院ではセルフケアの重要性を説明して、歯磨き習慣の改善について相談することをセルフケアカウンセリングと呼んでいます。セルフケアを確実に行うためには患者さんと向かい合い、生活習慣改善のためのセルフケアカウンセリングが必要だと考えています。
これをすることで患者さんの問題点や疑問点を解決し、モチベーションアップにつながります。セルフケアカウンセリングをしっかりと行うことで定期的なメンテナンスに対する信頼関係につながっていくと思います。
信頼なくしてプロケアもセルフケアも長続きすることはありません。
これからも、患者さんのために貢献することを第一に考えていきたいと思っています。
  • 写真
    歯科衛生士・吉田紀美子さん
    歯ブラシを使ってもらえれば、気持ちがよいことが分かってもらえます。治療が終わっても、メンテナンスを続けたくなるよう、私たちも勉強していろいろな知識を身につけたいと思います。
  • 写真
    歯科衛生士・田原千恵さん
    システマ歯ブラシgenkiを使うようになってからは、みなさん気持ちよいとおっしゃいますし、実際にきれいにもなっています。患者さんの意識は高まってきていると思います。
  • 写真
    歯科衛生士・岩田麻衣子さん
    祖父と同居していたこともあり、お年寄りとのコミュニケーションにはなれています。その方の状態に合わせ磨き方指導を変えますし、歯ブラシも選んで指導するようにしています。地域の役に立てればうれしいです。
  • 写真
    看護師・仁保由希子さん
    歯科衛生士とは異なる視点で患者さんをサポートしています。当医院には障害者施設からの患者さんも来られますので、看護経験を生かして対応しています。受付や問診、カウンセリングも私の担当ですが、受付は主訴、既往歴、処方薬、技工指示書、予約状況等の情報が集中する場所ですから、性格に分析し先生や歯科衛生士さんに伝えることが私の重要な役割です。
2/2

この記事は、ライオン歯科材(株)発行の情報誌「Dent. File」からピックアップしてお届けしています。
「Dent. File」の定期購読をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
※お届けは、医院(または団体)様宛に限らせていただきます。
※貴歯科医院名または貴団体名とご送付先のご住所、お名前、お電話番号を明記のうえ、メールよりお問合せください。


本文のおわりです