ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです

Recommend Item おすすめアイテム

DENT.EX systemaシリーズ

DENT.EX systema 「スーパーテーパード毛」のすごさ知ってますか?

ライオン歯科材のベストセラー歯ブラシ、「DENT.EX systemaシリーズ」。歯周病ケア用の歯ブラシとして患者さんにおすすめいただくことが多いと思いますが、何故、この歯ブラシが長い間歯周病ケア用の歯ブラシとして多くの歯科医院様でご推奨をいただいているのでしょうか?他の歯ブラシとどんな違いがあるのでしょうか?今日はその特長であるスーパーテーパード毛について詳しくご紹介したいと思います。

目的に合った毛の形状を理解し、より効果的なプラークコントロールの提案を!

皆さんは歯ブラシの毛の太さや、毛の先端の形状を気にしたことはありますか?毛の硬さ(S/M/H)は気にしたことはあるけれど…という方は多いと思います。毛の硬さも大切ですが、目的に合った毛の形状を理解することもとても大切です。

毛先が違う!歯周ポケットや歯間部に無理なく届く!スーパーテーパード毛の特長とは?

実はDENT.EX systemaの毛先というのは、このような形をしています。 / 毛先拡大図

実際の動きで、その機能の違いをご覧ください。

スーパーテーパード毛
動画 / スーパーテーパード毛
ラウンド毛
動画 / ラウンド毛

※条件設定
刷掃圧:約150g(歯ブラシ圧測定器を使って設定)
刷掃時間:約30秒
当社製作の「顎模型」に、マーカーペンによるモデル汚れを塗布して刷掃。
(動画の一部は2倍速再生)

毛先の動きの違いがわかりましたか?普通のラウンド毛に比べると、systemaのスーパーテーパード毛の方が歯周ポケットに入っていましたね!!

スーパーテーパード毛は、なぜ、歯周ポケットに入りやすいの?

DENT.EX systemaに使用されているスーパーテーパード毛は超極細毛と言われるだけあって、毛の根元は通常の歯ブラシの植毛と同じくらいの太さですが、先端へむけて滑らかに細くなり、特に先端部は非常に細く(0.02mm)処理されているため、約2mm〜4mmは歯周ポケットに入ります。そのため、歯ブラシの届きにくい、歯間部や歯肉辺縁部、歯周ポケット内のプラークコントロールに威力を発揮します。

スーパーテーパード毛は、無理なく歯周ポケットに届きます。

それに比べて、ラウンド毛は名前のとおり毛の根元から毛先まで毛の太さが変わらずに毛先先端だけを丸く処理しているため、歯周ポケットの中までは入りにくく、歯周ポケットに入る深さとしては約1mm〜2mm未満と言われています。

歯ブラシの毛先の形状や、毛の太さの違いで、患者さんに提案する目的も変わります。

健康な歯肉の人であれば歯肉縁上のプラークをしっかりコントロールできるラウンド毛タイプの歯ブラシで刷掃し、歯肉炎や歯周炎になってしまっている人は、歯肉にやさしく歯周ポケット(歯肉縁下)のプラークを出来るだけコントロールできた方が効果的だと思いませんか?

健康な歯肉の人にはラウンド毛!
歯肉炎や歯周炎の人にはスーパーテーパード毛!

改めてスーパーテーパード毛のDENT.EX systema歯ブラシを歯周病のケアが必要な患者さんにご提案いただき、セルフケアでの歯周ポケットのプラークコントロールをしっかり習慣化してください。

スーパーテーパード毛の歯ブラシはこちら!
  • DENT.EX systema
  • DENT.EX systema genki
  • DENT.EX systema genki f
  • DENT.EX systema genki j
  • DENT.EX systema VibratoCare
  • Systema SP-T 歯ブラシ
ライオン歯科材株式会社 歯科衛生士 TAEさん

定期的なプロケアと併せて、セルフケアではDENT.EX sytema歯ブラシをお役立ていただき、効果的な歯周病ケアを患者さんと一緒に続けてください。

<関連リンク>
→【製品情報】はこちらからご覧いただけます。
→【患者様用リーフレット】はこちらからダウンロードいただけます。

本文のおわりです