ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです

Recommend Item おすすめアイテム

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

歯周病予防に最適!殺菌剤イソプロピルメチルフェノール(IPMP)の実力!

皆さんは歯磨剤に配合されている殺菌剤の効果はご存知ですか?一口に殺菌剤といっても、その性質はさまざまです。今回は殺菌剤の中でもバイオフィルムに対し浸透殺菌ができる「イソプロピルメチルフェノール(IPMP)」について詳しくご説明いたします。

歯周病予防の歯磨剤に配合されたイソプロピルメチルフェノール(IPMP)とは?

  • 1.色々な種類の菌に効果が高い殺菌・消毒剤
  • 2.安全性や環境にも優しくほとんど皮膚刺激がない IPMPはキレイキレイのハンドソープにも入ってます!
  • 3.医薬品・医薬部外品・化粧品等に広く使われている

「バイオフィルムに浸透殺菌できるイソプロピルメチルフェノール(IPMP)の優れた実力」

CHX(クロルヘキシジン)などの殺菌剤はプラスの性質があり、バイオフィルムの表面はマイナスの性質があります。
そのためプラスの性質をもっているCHXなどの殺菌剤は、バイオフィルム表面のマイナスの細菌がプラスの殺菌剤をひきつけてしまい、中まで浸透することができません。

バイオフィルムの内部まで浸透しない

IPMPの殺菌剤はプラスでもマイナスでもない性質のためバイオフィルム表面のマイナスの細菌にひきつけられることなく、奥深くまで浸透でき、バイオフィルムを殺菌することができます。

バイオフィルムの内部まで浸透殺菌
IPMPの浸透・殺菌作用の詳細はこちら

イソプロピルメチルフェノール(IPMP)が配合された歯磨剤

朝昼晩の毎日のブラッシング時にはコレ!

Systema Dentalpaste α

<こんな方にオススメ!> ★歯周病や口臭が気になる方★起床時の口腔内の渇き・ネバネバが気になる方

就寝前のしっかり集中ケアにはコレ!

Systema 薬用歯間ジェル

<こんな方にオススメ!> ★歯間ブラシやワンタフトを使用している方★歯周病のリスク部位を集中的にケアしたい方

口腔内全体のケアにはコレ!

Systema 薬用デンタルリンス

<こんな方にオススメ!> ★お口のネバつきが気になる方★歯みがきに加え、歯周病予防をしっかり行いたい方★ノンアルコールタイプは刺激に弱い方に

現在、殺菌剤が配合された歯磨剤は歯科用、市販品を含め多く販売されています。しかし、その殺菌剤の効果など理解している人は少なく、漠然と使っている場合もあるのではないでしょうか?
まず皆さんには、殺菌剤の有効性を理解していただき、その後、患者さんにはなぜその製品を自分が使用しなければならないのかを、説明します。患者さんがその必要性を理解できれば、製品の使用のきっかけや継続にもつながります。オススメ例を参考に、患者さんの状態にあったものを正しく選んで、患者さんのセルフケア製品もみなさんが管理していけたらいいですね。

ライオン歯科材株式会社 歯科衛生士 TAEさん
<関連リンク>
→【製品情報】はこちらからご覧いただけます。
→【患者様用リーフレット】はこちらからダウンロードいただけます。

本文のおわりです