ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです
DENT.File 歯科医療・介護情報ライブラリ

頑張る歯科衛生士さん

頑張る歯科衛生士さん vol.9

歯を根本的に治療するという当院のポリシー。だからこそ、常に新しい技術を身につけ、患者様の大きな期待に応えていく 小笠原陽子さん(東京・ウィステリアデンタルクリニック)

インタビュー

向学心が刺激される環境で、理想を追い求めて

自分の力で、直接、人にアプローチできる仕事がしたいと思い、歯科衛生士の資格を取ろうと考えたことがこの道に進むきっかけになりました。現在のクリニックでは、臨床歯周病の勉強会に参加させていただくなど、向学心が刺激される環境にも恵まれ、もっと勉強しなければと考える日々です。 一年に一度、臨床歯周病に関する大きな大会がありますが、全国から数多くの歯科衛生士が集まります。その大会にも参加させていただいているのですが、皆さん、非常に意識も高く、新しい技術や知識の吸収に貪欲です。そんな皆さんに影響を受けながら、患者様の期待に応えられる理想の歯科衛生士像を追求しています。

院長と力を合わせ、ひとり一人にオーダーメイドの治療を

当クリニックでは、根本的な治療を目標としています。そのため、患者様お一人の診療に費やす時間も長く、おのずとコミュニケーションも密になります。一年半という長期間にわたって通院される患者様も珍しくありません。だからこそ、重要なのが、コミュニケーションだと考えています。次回はどのような治療を行うのかなど、診療内容をより詳しくお伝えすることで、納得していただくこと。そして、長期間にわたって通院していただくために、モチベーションを保っていただくことも、歯科衛生士の役割の一つです。
実は、当クリニックの院長とは、前職の医院で一緒に仕事をしていました。当時から、治療に対する考え方に共感していたので、院長とは今でもより良い歯科治療を目指してお互いに高めあえるパートナーです。もちろん、技術的には院長に及びませんが、力を合わせるからこそ、患者様ひとり一人に合わせたカスタムメイド、オーダーメイドの治療が実現できるのだと思っています。当時の患者様の中には、遠く離れた当クリニックに通院していただいている患者様も多くいらっしゃいます。そのように評価していただいていることは、とても励みになっています。

口腔ケアから全身の健康に貢献できることがある

災害時の口腔ケアや病気予防など、歯科にはもっとできることがあるはずです。命に直結はしませんが、口腔ケアから全身の健康に貢献できることがあると信じています。
私自身のテーマは、歯周病です。歯石を取ることは非常に難しい。目に見えるところだけでなく、歯周ポケットの中という見えないところまでも歯石を取らなければなりません。一生のテーマと言ってもいいのではないかと考えるほどです。スケーリングをしているとき、心をこめる。そんな姿勢を基本に取り組んでいます。
クリニック内の清潔な環境を保つための掃除。患者様を笑顔でお迎えすること。技術的なことはもちろんですが、そうしたホスピタリティは、歯科にとっても大切なことです。「また来たい」と思っていただけるクリニックであるために、努力を惜しんではいけないのだと思います。
患者様が何を望んで、何を期待して、来院されるのか。常にそのことを考え、これからも一歩一歩前に進んでいきたいと考えています。

私の仕事

ウィステリアデンタルクリニックを紹介します!
佐藤先生を中心に、より効果的な治療を目指して、力を合わせています。アットホームな雰囲気も当クリニックならではの特徴です。

包括的治療、根本的治療をモットーに、
清潔で心地よい環境の中、患者様の立場に
立った治療を実践しています。

当クリニックの特徴は、やり直しのない治療を目指している点です。歯科の場合、一般的にはやり直し治療の繰り返しというケースが多いですが、当クリニックでは歯を守るために、虫歯、歯周病などを根本的に解決したいと取り組んでいます。
審美的な不満にも応える包括的歯科治療を受けたいという患者様。咬み合わせや予防を含めた総合的な診察など、生涯付きあえる歯のホームドクターがほしいとお考えの患者様。そうしたニーズに応えることで、確かな信頼を積み重ねてきました。遠方から来院される患者様が多いことは、その証でもあります。小規模ながら、院長の佐藤先生とスタッフのコミュニケーションとチームワークによって、清潔で心地よい環境のもと、患者様の立場に立った治療を実践しています。

私のお仕事風景
診察室のドアを開け、患者様をお迎えするときは必ずスマイル。笑顔は、心地いい空間を作り出すための大切な要素です。


診療前の患者様は不安や恐怖を感じていることもあります。丁寧にわかりやすく、治療を説明することを心がけています。


受付助手の中根葉子さんと会計や予約の変更などについて、パソコンを見ながら打ち合わせ。毎日行う重要な情報交換です。


佐藤博宣先生(ウィステリアデンタルクリニック)

院長先生からの応援メッセージ

マネジメントにおいても大きな期待

小笠原さんは、私の治療に関する考え方も、クリニックとしての方針も深く理解して、歯科衛生士としての役割を十分に果たしてくれています。特に患者様とのコミュニケーションにおいては、院長である私と患者様とのクッション役となって、円滑な治療のために力を発揮しています。今後は、歯科衛生士としてさらに歯周病治療のスキルを上げるだけでなく、スタッフをまとめるマネジメントという部分でも期待を寄せています。一人でも多くの患者様のために、これからも私の重要なパートナーとして、いっそう頑張ってほしいですね。

私のおすすめ

とにかく丈夫。絶妙なカーブがとっても使いやすいです!

DENT.EX ウルトラフロス

患者様には、まず自分が使ってみて、良いと判断したものをおすすめしています。ウルトラフロスは、自信をもっておすすめできるものです。柄の部分がしっかりしていて、糸の部分のつかえもなくスムーズに入ります。しかも一本で一ヵ月近く使い続けることもできるので、とても経済的です。日本には欧米ほどフロスを使う習慣がありませんが、毎日続けることで予防という点で効果が期待できます。もっと普及させていきたいですね。


本文のおわりです