ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです
DENT.File 歯科医療・介護情報ライブラリ

頑張る歯科衛生士さん

頑張る歯科衛生士さん vol.4

介護を必要とする患者様への口腔ケアという専門分野で、スペシャリストを目指していく 近藤千恵さん(矢尾歯科医院)

インタビュー

痛みを訴えることができない患者様のケアの難しさ

8年ほど前から、院内での診療の他に、グループホームや老人施設、在宅の往診などの訪問診療で、高齢者の口腔ケアに携わっています。医院に診療にいらっしゃる患者様は、ご自分で歯の状態を説明できる方がほとんどですが、訪問診療の患者様の場合は、認知症があったり、おしゃべりが思うようにできない、など、痛みがあっても訴えることができない方が少なくありません。粘膜の変化や歯茎の腫れ、入れ歯の状態などを注意深く見て、些細な変化も見逃さないことがとても重要になってきます。

とはいえ、高齢者の方々は長く口をあけているのは辛いですから、できるだけ短時間でケアしなければなりません。診療室のように設備が整っていないところで、手早く注意深く口腔ケアを行うのが、訪問歯科の難しさだと感じています。

認知症ケアについて自主的に勉強

訪問診療をはじめた頃は「お口の中を見せてください」と言っても、なかなか応じてくださらない方もいらっしゃいました。当時の私は自分の仕事を進めることばかりに気をとられて、「歯医者は嫌い」「口の中を見られるのは嫌」という高齢者の方々の気持ちを察することができなかったのです。訪問診療を経験して、患者様をリラックスさせることがいかに大切かをあらためて痛感。先生や先輩たちのアドバイスを受ける一方で、認知症ケアに関する本を自主的に読み、接し方を勉強しました。

世間話をしたり一緒に舌体操をするようになると、スムーズにできるようになったのはもちろん、笑顔がたえなくなって私自身も仕事を楽しめるようになりました。今、「あなたが来るのを待ってたわよ」と患者様に言われるのが、何よりの喜びです。

摂食・嚥下の専門性を深めたい

訪問診療の患者様の中には癌化するおそれのある方がいらっしゃったり、院内診療ではあまりない症例を見ることもしばしばあります。異常を見つけた時に、経過観察を行っていけばいいものなのか、放置しておくと癌化の可能性があるものなのかがわかれば早期発見につながりますから、症例写真が出ている専門書で勉強を続けています。介護歯科のスキルを高めていくことが私の目標ですから、2年前には、介護歯科衛生士の試験に挑戦。合格したことを弾みに、機会あるごとに介護関連の講習会に参加しています。

最近、特に勉強しているのが摂食・嚥下。おすすめの講習会を先生が教えてくださるので、とても効率よく学べています。「患者様たちには、人生の最後まで食べる楽しみを続けていただきたい」という思いを胸に、これからも学び続けていきたいですね。

私の仕事

矢尾歯科医院を紹介します!
歯科衛生士の層が厚く、スタッフ間で相談しながら、患者様主体のケアを実践することができます。

大学病院と同レベルの技術・知識を、
院内・訪問診療でも提供していきます。

患者様とのインフォームドコンセントを大事にしている当院では、患者様との対話を通じて希望を汲み取るよう心掛けています。私は大学病院の補綴科(ほてつか)で入れ歯を専門とする非常勤勤務しているので、大学病院で得た最先端の技術・知識を、院内治療や訪問治療の患者様に提供していきたいと考えています。それを実践するには、高度な技術を持つ歯科衛生士はなくてはならない存在ですから、更なるスキルアップを応援していきます。

私のお仕事風景
訪問診療に出かける準備。院内に近い環境を整えるため、ライトやポータブルユニットは必需品です。


訪問診療に行くのは、先生と衛生士1、2名。 1日に10〜15名を診療します。


医院ではプラークコントロールの指導に力を入れており、治療計画の提案を任されています。


矢尾喜三郎先生(矢尾歯科医院院長)

院長先生からの応援メッセージ

マルチな歯科衛生士としての活躍を期待

超高齢社会を迎え、院内治療だけでなく訪問診療にも力を入れていきたいと考えています。とはいえ、訪問診療は院内に比べるとリスクが高いのが一般的です。厳しい状況であっても高度な技術を提供するためには、院内治療で一定レベルに達していることが不可欠ですが、近藤さんはオールマイティに業務をこなせるだけでなく、患者様の心の痛みがわかる衛生士でもあります。歯科衛生士が行う口腔ケアは、患者様の体調を左右するほど大切なものですから、より技術を高めマルチな歯科衛生士として活躍することを期待しています。

私のおすすめ

患者さんにも好評です!

DENT. EX systema genki f

コンパクトな歯ブラシのほうが磨きやすいと思っていたのですが、幅広ヘッドのgenki fを使ってみたところ、歯周部や歯肉溝にも入りやすくて磨いたあと歯がツルツルしました。コンパクトな歯ブラシではうまく磨けなかった患者様にすすめたところ、磨き残しがなくなり効果を感じました。


本文のおわりです