ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです
DENT.File 歯科医療・介護情報ライブラリ

予防歯科の現場

予防歯科最前線 vol.4 ショッピングセンター内の歯科医院、子供中心の予防歯科に取り組む 山形県山形市 メイプル歯科クリニック 院長 押切 邦仲先生

じっくり聞き、じっくり説明するのが私の診療方針です

待合室に作られたプレイコーナー

 私は大学に勤めていたときから、患者さんに「今こういう状態だからこういう治療が必要です」と、当たり前のことですが説明をきちんとすることを大切にしてきました。治療法についてもいろいろな方法があることを説明し、「私はこれがお勧めで、こういうメリットがありますがどうしますか」というように、情報は全て公開するようにしています。
 忙しくて短期間で治療を終えたい方や、再発を繰り返しているからじっくり治療して完治させたい方など、同じ治療するにしても患者さんのニーズは多様ですので、きちんと説明して理解いただくことが必要だと考えています。ですからじっくり説明することを大切にしています。


院長 押切 邦仲先生

 初診でお見えになった患者さんは、最初にまず歯科衛生士が面談しお話を聞き、痛い箇所など来院理由を把握します。それから私が診察をして、患部だけ治すか、この機会に気になるところを全部治療するかなど、患者さんの要望を聞き治療方針を決定してから治療に入ります。
 自分では全ての患者さんに治療内容や方針をご理解いただき、納得していただいたうえで治療に臨むことを心がけています。
 来院時にその日の治療内容を説明するのは当然ですし、治療後は今日の治療内容の説明と次回は何をするかをお話するようにしています。それはスタッフも心がけてくれますね。治療したらしっぱなしでなく、きちんと患者さんの理解をいただけるようにと考えています。
 開業してからは写真や、動画、アニメーションを使用するなど、患者さんへの説明に使えるツールを増やしてきました。例えば、虫歯予防の話をするときに飲み物にどれくらい砂糖が入っているかを、飲み物とそれに入っている数だけの角砂糖を積んだ写真を見せています。『この飲み物にはこれだけお砂糖が入っているんですよ』と見せると、びっくりされますね。やはりビジュアルで見せるとかなり効果的です。また、目で見てわかる資料はできるだけお渡しするようにしています。
 小児の患者はう蝕の治療、予防のどちらも多いのですが、来院のきっかけは虫歯であることが多いですね。ただ、いきなり治療となると嫌がりますから、よほど痛みがある場合は別として、初診は治療の練習や予防処置から入るようにしています。

守れるものはとにかく守る、だからシーラントを薦めます

診療台が3台並ぶ清潔感あふれる診療室

 予防にはシーラントを積極的にやっています。大学の時にある先生から「乳歯のシーラントはオーバートリートメントだ」と言われたことがありますが、私はそうではないと思っています。フッ素塗布もそうですが、乳歯が生えたときから守れるものはとにかく守っていこうと考えています。
 シーラントは、口が開けられブラッシングの練習ができれば可能です。ここでは超音波を使わずブラッシングで歯をきれいにしてシーラントをしています。歯を削る治療ではないのでお子さんも怖がりませんし、シーラントをすることで歯科医院に慣れるので、治療への移行もスムーズに行うことができます。
 シーラントをする前に、お母さんには「シールは削って詰めるわけではないので取れることもありますので定期的に診せてください」と話をします。シーラントが取れ来院してくれることで定期的に歯のチェックもでき、これを繰り返せばう蝕予防につながります。「乳歯は生え変わるから、むし歯ができてからでもいいのでは」というお母さんもいますが、きちんと説明すると、削らずに済むことが一番いいと理解してくださり、定期的に検診に来てくださいます。自分の子供にも2歳くらいからシーラントをしてきましたが、上が中学3年生、下が小学校5年生の今も二人ともむし歯はありません。もちろんフッ素も使いましたが。

解決しなければならない課題は今後の医院経営

予防歯科商品もきれいに並べられた、明るくカラフルな受付

 夜8時まで診療し、その後の片付けや整理を終えると、帰るのは23〜24時になってしまいます。日曜日も診療ですから家族と過ごす時間も少ないです。子供から「お父さんお久しぶり」って言われてしまったり(笑)。こちらのテナントは6年契約で、一昨年更新したのであと4年はここでやるつもりですが、今年47歳になり身体的に少々きつくなっています。4年後の更新はどうしようかな、と考えています。

診療台が3台並ぶ清潔感あふれる診療室

  私は30代のときに東洋医学に興味を持ち、日本歯科東洋医学会に所属して勉強したり、独学で学んでいましたが、34歳のときに一念発起して夜間の鍼灸学校に通い始め、3年後に鍼灸師の資格を取りました。
 痛みが取れない方に鍼治療をするなど、歯科と鍼灸の両立を考えたこともありましたが、なかなか商業ベースで考えることは難しく、現在では顎関節症の患者さんに鍼治療を少しやっている程度で、なかなか資格を活かすには至っていません。なんとか活かせる道を考えたりもしますが、この場所での診療では時間の制約もあり難しいです。
 うちでは自費治療の患者さんの割合は低いですね。例えば仙台の大きなショッピングモールの中で開業している歯科医院では自費診療も多いようですが、地方のスーパーの中での医院は、お子さんとお母さんがメインで、自費診療というよりは予防と治療です。たまに自費でホワイトニングを希望されるお母さんもいますが、平均的には自費診療は非常に少ないのが実情です。
 目の前の患者さんに全力を尽くしたい気持ちはありますが、誰にでも最高級の治療を行ってしまえば経営を続けることが困難になってしまいます。どこまでできるか、ということは常に考えますから、患者さんときちんとコミュニケーションをとり、治療に納得してもらう、満足していただくことを一番にしています。お母さんだけでなく、お子さんにとっても話のわかる先生でいたいですね。だから子どもの好きなヒーローも勉強したりしています。仮面ライダーやウルトラマンもの、ディズニーものには強いですよ(笑)。

2/2

この記事は、ライオン歯科材(株)発行の情報誌「Dent. File」からピックアップしてお届けしています。
「Dent. File」の定期購読をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
※お届けは、医院(または団体)様宛に限らせていただきます。
※貴歯科医院名または貴団体名とご送付先のご住所、お名前、お電話番号を明記のうえ、メールよりお問合せください。


本文のおわりです