ページの先頭です
ライオン歯科材株式会社は、歯科医師、歯科衛生士の皆様ともに、口腔の健康を通して患者様の健康寿命の延伸とQOLの向上に貢献してまいります。

 
本文のはじまりです
DENT.File 歯科医療・介護情報ライブラリ

予防歯科の現場

予防歯科最前線 vol.2 高齢化、少子化の中で、地域歯科医療に真正面から取り組む 仁保歯科医院 副院長 仁保俊昭先生

仁保俊昭先生 略歴

1970年、山口県萩市に生まれ須佐で育つ。育英小学校、須佐中学で学び、山口県立萩高等学校から大阪歯科大学へ進む。大学卒業後は大阪歯科大学付属病院口腔外科II講座へ入局、大阪日生病院歯科口腔外科、東大阪阪奈病院歯科(非常勤)を経て、2001年帰郷し仁保歯科医院勤務(副院長)、現在に至る。

山口県の日本海側、日本神話に登場するスサノオノミコト(須佐之男命)に由来する萩市須佐。ここで総合歯科医療を掲げる仁保歯科医院・副院長の仁保俊昭先生は、祖父、父の後を受け継ぐ三代目です。7年前に故郷に戻り、高齢化と少子化が進む中で、一般歯科、矯正歯科、小児歯科、口腔外科と様々な症例に対応する一方、地域の歯磨き習慣の定着に力を注ぎ、口腔状態の改善に全力を傾けています。人口4000人の町で一般歯科医療と予防歯科活動を続ける仁保歯科医院・仁保俊昭先生にお話を伺いました。

安心できる歯科医院への取り組みを進める

仁保副院長(後列左)とスタッフの皆さん

経験を生かした有病患者への対応

―総合歯科医療を掲げられている診療活動の概略をご紹介ください。

萩市須佐は高齢化が進んでいますので、来院される患者さんの7割は、高血圧や心筋梗塞など、いろいろな既往歴をお持ちです。歯周病治療の場合でも合併症との関係を真剣に考えて行わなければ取り返しのつかないことになります。
そこで、院内感染防止に対する滅菌・消毒の徹底はもちろんのこと、口腔外科では心電図・酸素飽和度・血圧計・脈拍・自動管理システムなどの生態モニターを導入し、抗生剤の点滴は症例に応じて行っています。また、笑気と酸素を院内に配管するなど、多くの症例に対応できるシステム作りを目指し、看護師も常勤しています。須佐に帰ったのは7年前ですが、有病の患者さんの多さには本当に驚きました。
幸いにも、開業までは大阪歯科大学口腔外科(監)講座に5年間入局し、大阪日生病院歯科口腔外科に2年、東大阪阪奈病院歯科に非常勤勤務1年と、数多くの有病者歯科治療に従事してきましたので、この経験を生かして、患者さんの全身状態を総合的に診断し、安全な治療を提供しています。

口腔外科の空白地帯で地域に貢献

口腔外科の空白地帯で地域に貢献

―その中で特に力を入れていることがありましたらご紹介ください。

特に力を入れているのは口腔外科です。須佐は萩市と合併しましたが、萩市内で口腔外科の看板を出しているところはうちだけだと思います。他の医院から難しい抜歯の依頼がくることもあります。
また、滅菌・消毒(インフェクションコントロール)にも力を入れています。院内感染防止のために治療器具はもちろんのこと、技工模型も滅菌・消毒を徹底しています。滅菌できないものは全てディスポーザブルを使用しています。コストはかかりますが、月に1回のスタッフミーティングでしっかりと議論して、患者さんとスタッフのために必要なものは、優先順位をつけて計画的に導入しています。この安全管理の徹底はスタッフのスキルアップにもつながりますし、安心して働けるため、気持ちに余裕と自信を持って患者さんに接することができます。
患者さんに優しい歯科医療、安全安心の歯科医院が仁保歯科医院の総合歯科医療の原点だと考えています。

スタッフ全員が探る患者さんにとってのベスト

システマ歯ブラシgenkiで口腔改善を実現

スタッフの意識転換でIT化を実現

 予防歯科を「健康維持」から「健康増進」へと進化させるためには、「患者さんの意識を変える前に、医院で働くスタッフ自身の考え方が健康増進型に大きく変わらなければできない」といいます。
 う蝕や歯周病の症状は目で見れば分かりますが、予防は目に見えません。そのなかで患者さんの意識に訴え、定期的なリスクコントロールやメンテナンスに結びつけるために、高輪歯科は目で見てわかる「予防」作りを始めました。それがIT化でした。
 「うちのIT化は口腔内写真の撮影がスタート」と加藤先生。すべての患者さんの口腔内の写真を撮り、レントゲン写真や、通院履歴、治療履歴などをまとめたデータを蓄積し、データベース化を手がけました。先ほど紹介した口腔内の細菌検査結果も重要なデータの一つです。
 しかも、このデータ作りは特定の人が担当するのではなく、スタッフ全員誰もができるそうです。加藤先生は「全員が同じレベルに立ってこそデータベース化が定着する」といいます。データベースの導入で、患者さんごとのリスクを考えながら、その後のメンテナンス期間を決めることが可能になりました。
この医院では、初診の患者さんのレントゲンおよび口腔内写真を撮影し、口腔内状況のデータにカラー写真を添付した資料ができるまでの所要時間が約7分間。赤穂四十七士で有名な高輪・泉岳寺にほど近い東京都港区高輪で、「治療も予防歯科の一環」を掲げて開業している高輪歯科デンタルケアセンター。加藤院長は、外科的処置中心の歯科治療から、内科的分野も意識しながら”細菌“という概念を取り入れた、新しい発想の予防歯科に取り組んでいます。
患者さんへの充実した情報提供をスタッフ全員でのIT化への取り組みで実現し、セルフケア用品の院内処方で患者さんの口腔状態の改善を実現。従来とは異なる自費メンテナンスという新発想などで安定した医院経営を行っています。
健康維持から健康増進への予防歯科を進める歯学博士・加藤正治先生(43歳)と、患者さんの心をつかむアドバイスで先生の活動をがっちりと支えている歯科技工士・相澤真奈美さんにお話を伺いました。

子供目線の診療で小児患者も増加

子供目線の診療で小児患者も増加

―少子化といわれる中で、子供の患者さんへの対応はどのようにされていますか。

子供の患者さんはかなりの人数が来院されています。子供の治療には保育士さんからの指導もあり、子供のペースに合わせ、時間をかけて診療しています。スタッフにも子供への対応を徹底的に勉強してもらっています。
といっても、特に難しいことではなく、子供の意思を最優先しているだけです。時間はかかりますが必ず治療できるようになります。みんな笑顔で来院できるようになるには、まずスタッフが子供の気持ちになって診療することが大切だと考えています。また、ご両親のご理解とご協力は絶対条件です。最近では1歳半〜5歳の小児患者さんの来院も増えました。もしかするとこの地域は少子化ではないのかもしれません(笑)。
予防の大切さが注目されているためか、1歳半から予防処置や検診を希望されます。これはとてもよい傾向だと思います。そのほかに、子供の歯並びや咬み合わせに親の注意が向けられているように思います。小児のPTCやPMTCを希望される親御さんも増えてきました。
1/2

この記事は、ライオン歯科材(株)発行の情報誌「Dent. File」からピックアップしてお届けしています。
「Dent. File」の定期購読をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
※お届けは、医院(または団体)様宛に限らせていただきます。
※貴歯科医院名または貴団体名とご送付先のご住所、お名前、お電話番号を明記のうえ、メールよりお問合せください。


本文のおわりです